スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kazamaki Takashi
スポンサー広告  

詩朗読会 「東京の空の下 ~」
長谷川修児詩朗読会「東京の空の下 秋は流れる」

日時      

2008年12月8日(月)

午前2時より午後6時まで 入場無料

場所       

元住吉  アートスクエア木月

東急東横線「元住吉」駅西口徒歩3分

川崎市中原区木月1-8-4  Tel. 044-433-4010

内容       

長谷川 修児(詩)・大田敦子(短歌)・深志聖子(短歌)・阿部めぐみ(詩)
木村まき(詩)・宇治川セツ子(詩)・ぼけまる(唄)・参加者による自由発言 

            


今年5月の「五月未来へ、風はどこへ吹くか」、8月の「八・一五 太陽は希望か 希望は戦争か 栄養不良少年はいく」という詩の朗読会に続く、長谷川修児とその活動に共鳴する詩人、歌人、シンガーソングライターによる朗読会の第三弾。
70年代「詩のベ平連」を表明してから長谷川修児がコツコツと作り上げた個々人のネットワークは、組織や運動といったものが疲弊していっても、手作りのガリ版刷りのミニコミ「遊撃」を発行し、多くのミニコミと世の中の実相といったものをあぶりだす作業といったものを共有するなかで、確固としたつながりを築き上げてきた。

「東京の空の下~」というタイトルは、「パリの空の下セーヌは流れる」という映画のタイトルからの援用だろう。
8月の朗読会が戦争というものにひたすら立ち向かったものだとすれば、今回の12月の朗読会は太平洋戦争の開戦の日ということにこだわったわけではなく、それはむしろジョン・レノンが殺された日というものに寄り添いながら、さまざまな秋から冬の情景といったものを淡々と伝えていく。

それは三里塚という場所に灯されたかすかな希望であったり、病院のホスピス棟へ友人を訪ねた記憶だったり、南アルプスの稜線に浮かぶ「原詩人」としての赤石岳だったり、絵描きマサイチのハガキ絵だったり、少年の頃の霜焼けと冬の記憶だったり、「なんと悲しい世の中だろう」という死刑囚への共感だったり、世紀を越えてさすらっていく炭鉱労働者やその労働組合への共感だったりする

そうした一見バラバラなモチーフではあるけれど、長谷川修児という詩人のなかでは、それぞれが「個の蜂起」というものにつながるものであり、それらはこの国の実相として確固としたものとしてある。
詩というものが作者によって朗読されるとき、紙の上に書かれた文字とは別の力を持ってくる。
言葉というものが、ただの情報や意見といったものにとどまらず、人を動かす力といったものを持っていることを、長谷川さんの朗読に触れて改めて感じ入る。
12月8日、平日の昼下がりというのは、ごくありきたりの生活に追われる時間帯だ。
天気が良ければふとんを干す、そんな初冬の昼日中、長谷川修児と彼の呼びかけに応えた詩人達の言葉は、そうして日常の中に深く、確かに浸透していく。

文責:風巻隆(アートスクエア木月)





問い合わせ    

tel & fax ・044-433-4010 アートスクエア木月

スポンサーサイト
Kazamaki Takashi
長谷川修児   0 0















 

http://artsquarekizuki.blog96.fc2.com/tb.php/13-43abfb95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。