スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kazamaki Takashi
スポンサー広告  

五十嵐美代子 第2回小品展
sp24^003

                                                    (たんぽぽ)

2009年11月5日(木)~9日(月)  
午前11時より午後7時まで 最終日は5時まで
入場無料


川崎市中原区井田で、「いがらし美術教育研究所」をご夫婦で長年営んできた五十嵐美代子さん(79)が、地元のアートスペース「アートスクエア木月」で、一昨年に続く第2回目となる小品展を行う。

1959年(昭和34年)の絵画教室開設から50年。子どものイマジネーションを大切にする「想像画」を中心として教え、美術というもの本来の楽しさや豊かさというものを子ども達と共有してきた五十嵐さんは、自らの作品を制作するときにも、子どものような自由な想いで、偶発的なイメージを広げて楽しむ「遊び心」といったものを、キャンバスにのせていく。

絵の具を水面に垂らす「マーブリング」という手法で偶然にできるさまざまな形を手がかりに、作品は、中央から外側へ広がっていくように油彩、テンペラ、油性鉛筆などで仕上げられていく。

はじめに水を使うからなのか、全体のイメージは重力といったものを感じさせない「揺らぎ」とともにあり、作品はどれもあたかも揺れ動いているかのような印象を受ける。

淡い色彩や細やかな筆使い、水中花のような植物の持つ曲線は、女性的な「やさしさ」や「生命感」を感じさせるとともに、知らない世界を覗き込んだような「不安」や「はかなさ」を併せ持っている。

前回の小品展では、「マーブリング」をもとにした作品の他にも、いくつかの具象的な作品が展示され、なかでも一匹の蝉を細かい線で丹念に描いた小品は、小さいながらも圧倒的な存在感を持っていた。

余計なものが一切なく、全てを描ききらないで余白のあるその作品は、蝉という対象を極限まで見つめることで、そこには描かれていない夏という季節や、遠い思い出、いのちのはかなさ、鎮魂、そして、無というものも浮かび上がっていた。

五十嵐さんの描き出す絵の向こう側には、おそらく、たくさんの「物語」があり、果てしなく広がる「世界」がある。

1930年(昭和5年)、鹿児島市に生まれた五十嵐さんは、戦後上京し、武蔵野美術学校(現在の武蔵野美術大学)に学び、夫の五十嵐昭日子(あきひこ)氏とともに「いがらし美術教育研究所」を設立する。

自らは1964年(昭和39年)に春陽展に初出品・初入選し、80年代からは春陽会会員として、おもに銀座の兜屋画廊で個展を続けてきた。

教え子も多く、教え子がその子供を入会させることも多いという絵画教室は、50年という年月を通して地域の文化を支えてきている。今回も、多くの生徒さんたちが「五十嵐先生」に会いに来てくれることだろう。

「地元で多くの方々に絵を観てもらいたい」という五十嵐さん。絵を見て、心に浮かんだことを話すとき、絵は作者の手を離れて「みんなのもの」になっていく。心を自由に遊ばせる…、そんな時間を五十嵐さんと過ごしたい。

                          文責    風巻 隆(アートスクエア木月)

問い合わせ   044-433-4722  五十嵐
          044-433-4010  アートスクエア木月
e-mail          takashikazamaki@h6.dion.ne.jp



sp24^004

                                                    (森の中で)


Kazamaki Takashi
五十嵐美代子   0 0

第3回 夢幻絞り染の美展
sp24^005


京鹿の子絞「甚左衛門」 第3回 夢幻絞り染の美展
   辻が花染と絞り染着物と帯の展覧会


2009年10月23日(金)~25日(日)  
午前11時より午後6時まで 最終日は4時まで
元住吉  アートスクエア木月 
      東急東横線・目黒線「元住吉」駅西口徒歩3分
      川崎市中原区木月1-8-4
     tel. 044-433-4010

入場無料

「富士山の四季」「東洲斎写楽の役者絵」に続く、京鹿の子絞「甚左衛門」の絞り絵アート作品の展覧会第3弾。今回は、「動く絞り絵」と題して、江戸時代のトリックアートを現代の絞り技法で甦らせています。約2万粒の絞り絵の中に長方形の机と、周囲に人物が配してあり、絵を見ながら移動すると絵が動くように変形して見えます。

京鹿の子絞の技法は、千年余りの伝統を受け継いでいます。絞り染めは友禅と異なり、糸で布地を強く括ることによって、染色されない部分を作り出します。また、絞り独特の「粒」や「しわ」を作り、立体感のある布地にしていきます。日本の伝統工芸「絞り」の技術と、その美しさが堪能できる展覧会です。

なお、この展覧会では、振袖、訪問着、辻が花袋帯なども展示し、工房直販ならではの格安価格で着物・帯の販売もいたします。「絞り」を手に入れるまたとない機会ですので、皆様のお越しをお待ちしています。


吉岡照正
1948年 京都生まれ
1995年 古代石掛絞りを発表
2000年 京鹿の子絞で「富士山の四季」を制作
現在 京鹿の子絞「甚左衛門」主宰
           
松本忠雄 (下絵職人)
1950年 京都生まれ
1976年 京都芸術大学日本画専攻修了
1996年 伝統工芸士に認定
現在 京鹿の子絞「甚左衛門」で活動

主催・問い合わせ   京鹿の子絞  甚左衛門  tel. 075-592-6497
京都市山科区大塚高岩 12-37   
代表者  吉岡照正
e-mail  teruteru163@yahoo.co.jp



Kazamaki Takashi
甚左衛門   0 0

ベビーサイン教室 新規開講
★bambino★ 
元住吉 ベビーサイン教室 (NPO法人ベビーサイン協会認定教室)

ベビーサインとは、まだうまくお話しできない赤ちゃんと、お手て(手話やジェスチャー)を使ってコミュ二ケーションをする育児法です。
アメリカで生まれ、最近では日本でもベビーサイン育児を取り入れるお母さんが増えてきました。


ベビーサインには沢山のメリットがあります。

1 赤ちゃんとお母さんの絆をより深めます。
2 赤ちゃんとお母さんのストレスを軽減します。
3 赤ちゃんの健康と安全に役立ちます。
4 話ことばの発達を促します。

小さいお手てで一生懸命お話をしてくれる姿は本当に可愛くて、育児が楽しくなりますよ!
この大切な時期だからこそ、赤ちゃんとのコミュニケーションを密にして素敵な思い出を沢山作れるといいですね

【おっぱい・みるく】のサイン
image001-a



★クラスのご案内★

9月開講クラス 

日 程

9/10(木) 10/1(木) 10/22(木) 11/12(木) 12/3(木) 12/17(木) 全6回
午前10時~11時

場 所

アートスクエア木月 東急東横・目黒線 元住吉駅西口徒歩3分 

対 象:6か月位~1才半位までの赤ちゃんとお母さんのペア
持ち物:いつもの赤ちゃんのお出かけグッズ 
受講料:12600円 (2100円×6回) 税込  教材費3500円 (初回のみ) 合計16,100円
一括前納でお願いします。初回までにお振込みいただくか、講師に直接お渡しください。詳細はお申し込み時にお伝えします。

☆7月22日(水)午前10時から、「アートスクエア木月」で体験レッスンを開催いたしますので、ご興味のある方はいらしてくださいね。参加費500円 サンプル品のお土産もつきます。(予約制)☆

クラスでは覚えやすい日常サインから順に段階を踏んでベビーサインを紹介します。
お歌やふれあい遊びにサインを取り入れて楽しく覚えます。
また、サインを覚えるコツや生活への取り入れ方などを毎回レクチャーで紹介します。
絵本や紙芝居、ママとのふれあい遊びやわらべ唄遊びの紹介などもあり、親子で楽しめる内容になっております。
授乳やオムツ替えもクラス中いつでも出来ますので、赤ちゃんのご機嫌を優先に、お母さんもリラックスしてご参加ください。
なお、お休みされた方にはクラスの内容を書面でお送りした上で、次回のクラス後にフォローさせて頂きます。
警報が出るような悪天候の場合と講師側の理由のお休みの場合は振替クラスを設けます。

お気軽にメール、もしくはブログの中の[お申し込み・お問い合わせ]のフォームよりご連絡ください。

【お問合せ・お申込先】

★bambino★ 元住吉 ベビーサイン教室     

babysigns2525happy@yahoo.co.jp

講師 加藤 暁子 
               http://babysignshappy.blog112.fc2.com/

*プロフィール

川崎市中原区在住 ベビーサインは2005年生まれの娘が11ヶ月のときに出会い、その可愛さにすっかりはまり、講師資格を取得。★bambino★ベビーサイン教室(自宅教室・出張教室・単発教室)を開講 現在に至る。
クラスでは沢山の赤ちゃんのサインを見せて頂き、元気をもらっています。
もっと多くのママにベビーサインを知ってもらえたら素敵だな・・・という想いで活動しています。

Kazamaki Takashi
ベビーサイン   0 0

キールタン・ワークショップ
キールタン(kirtan)は、サンスクリット語でインドの神様の名前を美しいメロディーに合わせて歌う讃美歌のようなもの。

神様といっても、インドの神様はとても個性的で、宇宙のダンサーで破壊の神とも言われるシヴァ(大黒天)、象の頭を持つガネーシャ(歓喜天)、ヴィーナという弦楽器を手にする芸術と学問の女神・サラスヴァティー(弁財天)、さまざまな化身となって現世に降り立つヴィシュヌ、宇宙の創造神・ブラフマー(梵天)、笛を吹く美貌の英雄・クリシュナ、叙事詩のヒーロー・ラーマ、孫悟空のモデルと言われる猿王・ハヌマーン、美の女神・ラクシュミー(吉祥天)などなど多種多彩です。

キールタンでは、こうした個性的な神様の名前を、献身、愛、信頼という気持ちをこめて、リーダーとのコール&レスポンスのスタイルで歌います。
インドの手風琴ハルモニウムが奏でるドローン(通奏低音)とメロディーをからだで感じながら、リーダーの歌う短いフレーズを聞いて、それをオーム返しに歌います。
歌のうまいへたは関係ありません。グループで歌うことによって、楽しさから喜びへ、そして音楽、音、世界、心が全て繋がる至福の境地へ、一人一人を導いていきます。
サンスクリット語の美しい響きがバイブレーションになって心にも響いていく、そんな「歌う瞑想」のワークショップです。


☆ Kirtan Afternoon ~Chant for Love and Piece~☆ vol.1

日時 

2009年7月5日(日)  14:30~16:30 (14:00 open)

場所   

アートスクエア木月  川崎市中原区木月 1-8-4
http://blog.livedoor.jp/kizukikazamaki/
東急東横線/目黒線 元住吉駅西口下車 ブレーメン通り川崎信金の手前を右折 徒歩3分
大きな窓のあるゆったりとした素敵なアートギャラリーです。

リード

SriDevi_Mai  シュリデヴィ マイ (全米ヨガアライアンス認定Sivanannda Yoga上級講師)
それぞれのライフスタイルの中に「ほんのプラスのエッセンスとしてのヨガ」という想いをこめて、元住吉、武蔵小杉、目黒を中心に、SLO+yoga(エスエルオー・プラス・ヨガ)というヨガクラスを主宰している。

参加費

Donation (寄付制) 1500円~5000円を目安にお気持ちをお願いします。
参加費の一部はカンボジアの子供達や、ニューヨークの受刑者などへのサポートとして寄付されます。

ご予約 ・ お問い合わせ

HP
   
solplus_yoga@spirit-of-life-plus.com

なお、当日参加もオーケーです。

持ち物

クッション、もしくはヨガマット。 楽器 (小さな打楽器やシンバルなど、もしあったら。)


チャンティング(詠唱)とも言われるキールタンは、知性よりも情緒や感情を重視するバクティ・ヨガの一つの形です。
難しいことは考えずに、感情やその日の気分に身を任せ、恥ずかしがらないで、目を閉じ心を開いて、気持ちよくキールタンの中に入っていきましょう。
ヨガの未経験者も大歓迎ですので、ご家族やお友達を誘ってご参加ください。
テーマは「Love&Piece」、世界中のシヴァナンダ アシュラムで歌われているキールタンを中心に、平和を祈るマントラや、美しいキールタンをみんなで歌っていきましょう。
きっと、何ともいえない気持ち、マインドとハートが浄化するのを感じるかもしれません。
Kazamaki Takashi
ヨガ教室   0 0

産後のボディケア 6月・7月
産後のボディケア&フィットネス教室(マドレボニータ)

毎週火曜日 午前10時~12時
6月コース 6月9日、16日、23日、30日 (全4回)
7月コース 7月7日、14日、21日、28日 (全4回)

会場  アートスクエア木月  中原区木月1-8-4
受講料  10,000円 (全4回分)  体験参加 2,500円/回
対象  女性の方を対象とします。生後210日までの赤ちゃんはご一緒にどうぞ。
     それを越える赤ちゃんは信頼できる方に預けて単身でご参加ください。
     妊娠中の方も参加できますので、お問い合わせください。

以下は、講師の岡田令子さんのブログ「日々是前進」からの引用です。
http://plaza.rakuten.co.jp/leicoco/

産後を味わいつくしたい  2009年5月26日

元住吉産後クラス、第2週目でした。
新型インフルエンザの心配もなんのその!先月の振り替えの方もいらして楽しい時間を過ごしました☆
スタジオでたいていたアロマは、ユーカリとティートリーとレモン。免疫力を高めつつ空気を殺菌しつつ、香りも楽しめます。
アロマテラピストでもない素人な私のバイブル「 医師が教えるアロマセラピー 」
娘の産後から愛用してます。
さて、話がそれましたが、産後クラス、3週目はさらに盛り上がります!
身体スキルもコミュニケーションスキルも、どんどん上がってますね。みなさん、手ごたえ感じました?
私は感じましたよ~。「きつい~!!」と言いながら、笑顔さえ見せつつ腹筋までこなすみなさま。
うんうん、素晴らしいです!!来週の最終回がさらに楽しみです!

今日のシェアリングでは、「産後を味わいつくす」ことが話題になりました。
産後、いろいろありますよね。こころやからだのトラブルももちろんですが、赤ちゃんとの生活の色々、
パートナーとの関係、そのあたりも、たくさん味わいたい。
味わって、ぶつかって、でも、それが糧になるんですよね。そして、それはその時期にしか味わえない。
長く続いていく子育てのスタート期だからこそ、大切にしたい。

とはいえ、子どものかわいさ、悩み、実は延々続きます!
で、それに延々向き合うにはやっぱり体力だな、と思います。

だから私達は、来週もバッチリエクササイズしていきますよ☆そして、ゆるむ時にはしっかりゆるむ。
骨盤呼吸法と骨格調整で、しっかりと休息をとれるスキル、身につけましょう!


マドレボニータ 5月クラス


来週も、お待ちしております!

Kazamaki Takashi
産後のボディケア   0 0

PREV | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。